原油価格が下がるとどうなるのかを調べてみた ガソリン代が下がって喜んでもいられない?

原油価格は世界経済に大きな影響を与える。

何となく分かっていたけど、ファンド経験もない私には無関係だと思っていました。
「ガソリン下がるでしょ」
「いいじゃん」
というような。

ただ、新型コロナウイルスによる世界の経済の多くは「オイルマネー」と呼ばれる存在が大きい。
そして、政府企業が原油を生産している国家が価格を操作し始めている事を知りました。

・ロシア
・サウジアラビア

この2国は国が原油ビジネスを国益としています。
土地の持つ資源を利用しているわけですね。

・アメリカ

アメリカも原油を生産しているけど、民間業者であることが、上記2国との大きな違い。

という事を「日本経済新聞」の記事で知りました。



投資家は先を見越し、

「○○はヤバいから資金を引き出しておこう」
この動きで、膨大な資金が移動(株価に影響)したりする。
原油価格が急落すると、同調して経済に影響していく。
ソフトバンク株の下落もそういったプロセスらしい。


私たちは、自粛中で、できればお金を使いたくない時期ですよね。
だから、「ガソリン代安くなった!」と 喜んでしまいそうです。

ですが、燃料を使用する工場・工業・産業、が冷え込み景気が落ち込む。
当然、企業の体力削がれ、雇用が弱くなり、賃金も下がるわけです。

その波が市民に届くのは、しばらく経ってから。
これが恐い事だと感じました。

コロナショックがいつ上を向くかは全然私には予想できませんが。
それでも、手持ちの財産を守んないと、自分も大切な人も守れない。

命より尊いものはない。
だからそれを守る「お金」の勉強をする必要があると切に感じています。